借りる前に理解しておきたい賃貸住宅の選び方とは


部屋の細かい部分も見ておくとよい

賃貸住宅を借りるならば、選び方をよく考えておく必要があります。選び方を考えるにあたり部屋の内覧を一度しておく必要があります。内覧をする必要があるのは、部屋の間取り図だけでは分からない情報がたくさんあるからです。例えば、部屋の間取り図をみてもわからない部分としては、天井の高さがあります。天井の高さは10センチ低いだけでも圧迫感を感じることが少なくありません。実際に自分で部屋の中を歩いて見て、圧迫感がないかどうかを確認しておくべきです。次に、クローゼットが十分に確保されているかどうかと、クローゼットのある部屋にベッドを置いた場合や布団を敷いた場合、クローゼットの開け閉めが十分にできるかどうかも確認しておきたいところです。

南向きの賃貸物件でも中を見ておく

賃貸物件の中で比較的人気があるのは、南向きの物件になります。南向きの物件の特徴は、太陽の光がよく入り日当たりが良いことでしょう。日当たりが良いと、ベランダなどに洗濯物を干しても乾きやすいのが魅力です。また、昼間は部屋の中で電気をつけなくても十分に自然の光だけで過ごすことが可能になります。そのため、南向きの物件は昔から人気が高く家賃もやや高く設定されている傾向もあります。しかしながら、南向きの物件といっても必ずしも太陽の光が入るとは限りません。すぐ隣に大きな建物が建築されていればそれだけで太陽の光がさえぎられてしまいます。これを確認するためには、間取り図を見ただけでは分からないため、現地に行き部屋の中に入ってみましょう。

札幌中央区の賃貸は、栄えた中心街に近いためショッピングや外食がしやすいです。また中央区はJRや地下鉄、バスなどの公共交通機関が充実しているので交通便が良いところもメリットとして挙げられます。