賃貸オフィスを利用するときのメリット・デメリットとは?


費用を抑えて起業できる

起業する時に自社で建物を用意して独立する企業はあまり多くありません。起業当時はそれ以外の部分にコストがかかるからです。できるだけ設備費や初期費用を抑えて働くスペースを確保できるのが、賃貸オフィスの特徴といえます。メリットとしては初期投資費用の節減だけでなく、家賃・共益費のみでメンテナンスが行える部分です。万が一社内備え付けのエアコンなどが故障したとしても、オーナー側が修理費用を支払ってくれるため、自社で支払う必要がありません。また、警備会社と提携しているオフィスの場合、オフィスの防犯性も高くなります。賃貸とはいえある程度レイアウトを自社で行うことができ、来客や取引先にアピールできるのもメリットのひとつです。

家賃に関するデメリットが多い

賃貸オフィスを利用するデメリットは、毎月の家賃です。毎月支払うだけではなく、入居時には半年から1年分の家賃を保証金として必要とする場合もあります。また、いつまでも同じ価格で利用できるわけではありません。いつ家賃が値上がりするかもしれないという不安は、賃貸オフィスを利用している限り付きまとうでしょう。内装工事やライフラインの費用は入居者持ちとなることが多く、入居時に改装する場合はある程度お金が必要です。なお、賃貸オフィスは自社の財産として認識されないため、金融機関が融資の際に資産があると判断する基準とならないこともデメリットです。事業拡大の時に金融機関に融資を求めても、資産がないと判断された場合断られることもあります。

中央区で賃貸オフィスはビジネスがしやすい環境が整っています。会議室や給湯室が共用スペースとして提供されているのです。